天皇賞・秋 直前情報

      2013/02/26

中央道事故で関西馬6頭立ち往生/天皇賞

 天覧競馬を前にまさかのアクシデントが起きた。27日午後0時40分ごろ、中央道上り線の駒ケ根~伊那インター間でトラックとバスの衝突事故が発生。同50分に区間通行止めとなり、天皇賞・秋に出走するために前日輸送中の関西馬トゥザグローリー、トーセンジョーダン、アーネストリー、サダムパテック、シルポート、ジャスタウェイの6頭が立ち往生する事態になった。

 午前6時に出発したルーラーシップは影響を受けず、東京競馬場へ到着。遅れて進んでいたカレンブラックヒル、エイシンフラッシュの2頭は通行止めとなった駒ヶ根~伊那間を一般道で迂回(うかい)し、ブラックヒルは予定より1時間遅れの午後5時ごろ、フラッシュは午後6時半ごろに到着した。

 最も影響を受けた6頭は午後8時20分前後に相次いで到着。通常より約4時間半かかって10時間半の長旅を終えた。

【天皇賞・秋 最新情報】

[PR] スポンサードリンク

うまコラボ

 - 天皇賞(秋) , ,