天皇賞(秋)

秋の天皇賞

天皇賞(秋)てんのうしょうあき)とは
日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場の芝2000mで施行する中央競馬の重賞(GI)競走である。

正式名称は「天皇賞」であるが施行時期からJRAが天皇賞(秋)と表記しており競馬ファンや競馬関係者の間では「秋の天皇賞」「秋天」「秋の盾」と呼ばれ、また東京競馬場で行われることから「府中の盾」とも呼ばれている。

春の天皇賞が古馬の芝3200mで施行するのとは違い3歳(旧4歳)以上の芝2000mで施行される事からマイラーからステイヤーまで多くの有力馬が出走し、ジャパンカップや有馬記念を凌ぐ豪華なメンバーが揃う事が多々ある。また3歳(旧4歳)馬もクラシック登録なしでも出走可能であることや、馬の疲労や距離適性を考慮してレースを選択するという近代競馬の価値観の流れから菊花賞の芝3000mの距離を嫌い出走してくる傾向が増えている。ほかにもマイルチャンピオンシップ等、短距離路線へのステップとして出走したマイラー競走馬が好走する傾向がありマイルGI優勝馬が優勝することもある。またエリザベス女王杯の古馬開放後は、牝馬の出走頭数が少なくなったものの、ウオッカやブエナビスタなど牡馬と互角以上の実績を持つ牝馬が出走してくる傾向にあり、ここを優勝した牝馬はいずれも秋古馬三冠路線を歩んでいる。

天皇賞(秋)
■ 開催地 東京競馬場
■ 格付け GI
■ 距離 芝2000m
■ 出走資格 サラブレッド系3歳(旧4歳)以上のJRA所属の競走馬、地方所属の競走馬及び外国調教馬(9頭まで)、出走枠は18頭まで。
・レーティング順位の上位5頭に対しては優先出走が認められる(2012年より。牡馬・セン馬は110ポンド、牝馬は106ポンド以上であることが条件)。
・その他の競走馬は「通算の収得賞金」+「過去1年間の収得賞金」+「過去2年間のGI(JpnI)競走の収得賞金」の総計が多い順に出走できる。
・地方競馬所属馬は、オールカマー、毎日王冠、京都大賞典いずれかで所定の成績をあげると本競走に出走できる。 。
■ 負担重量 定量(3歳は56kg、4歳以上は58kg、牝馬は2kg減)

【天皇賞(秋)東京競馬場 芝2000mの特徴】

天皇賞(秋)コース

スタート地点は1コーナー奥のポケット。約120m進んだところに左へ曲がる大きなカーブがある。2003年のコース改修の際には、若干外に膨れていたカーブを滑らかにし、リニューアルされたものの、依然として枠順は平等とは言い難いスタートから第2コーナーまで約118mしかないため、外枠を引いた逃げ・先行馬はすんなり内へと入れない。無理に内へ行くと、内側の馬を被せることになり、審議対象になる可能性がある。

差し・追い込み馬にとっても第2コーナーまでの攻防は気が抜けない。スタート直後は焦る必要はないが、馬群がゴチャつきやすいコース形態なので、不利を受けないようにしなければならない。行く馬と控える馬がハッキリ主張すれば、2コーナーを過ぎて向正面へかかってからは、縦長の隊列になりやすい。特に内側に逃げ・先行馬が揃った方がレースはしやすいはず。

【天皇賞前哨戦】
競走名 格付 施行競馬場 施行距離
オールカマー GII 中山競馬場 芝・外2200m
毎日王冠 GII 東京競馬場 芝1800m
京都大賞典 GII 京都競馬場 芝2400m

最新情報

ジェンティルドンナ、天皇賞・秋で復帰

宝塚記念9着のジェンティルドンナ(牝5歳、栗東・石坂厩舎)は、天皇賞・秋(11月2日、東京)で復帰する。14日、生産者のノーザンファーム・吉田勝己代表が明かした。その後は3連覇がかかるジャパンC(11月30日、東京)へ向かう。

同馬は昨秋も同じローテーションで、天皇賞2着のあとJC連覇を果たしている。今春のドバイ・シーマクラシックを含めてG1・6勝の名牝が、新たなタイトルを加えることができるか。現在は、栗東近隣のノーザンファームしがらきで調整を進めている。

ジェンティル秋天→JCへ

フェノーメノ、秋は盾へ直行→JC→有馬

      フェノーメノ、秋は3戦 盾へ直行→JC→有馬 – スポーツ報知

http://t.co/r2rSUyMndy

  • フェノーメノぶっつけ天皇賞からジャパンC→有馬へ – サンケイスポーツ http://t.co/8tp9dCuGKA

イスラボニータ セントライト記念で始動し、天皇賞・秋に参戦予定

 今年の皐月賞馬で、ダービーでも2着になったイスラボニータ(美・栗田博、牡3)は、13日に放牧先の宮城県・山元トレセンから美浦トレセンに帰厩することになった。

 「すこぶる順調。体重も10キロ前後、増えているようで、クビがたくましくなっています」と栗田博調教師。セントライト記念(9月21日、新潟、GII、芝2200メートル)で始動し、天皇賞・秋(11月2日、東京、GI、芝2000メートル)に参戦する予定になっている。

イスラ13日帰厩、セントライト記念から天皇賞へ – サンケイスポーツ

フェノーメノ 天皇賞・秋で復帰予定

春の天皇賞2連覇後、休養中のフェノーメノ(牡5=戸田)は天皇賞・秋(11月2日、東京)で復帰し、JC(11月30日、同)、有馬記念(12月28日、中山)のローテーションを歩む予定。9月上旬に放牧先のムラセファーム(茨城県)から帰厩予定。

【古馬次走】フェノーメノは天皇賞・秋で復帰 – スポーツニッポン

天皇賞 2014-07-23